熊本のお寺なら行事も盛んな熊本市南区の光顕寺へ

真宗大谷派 光顕寺

096-357-6396

〒861-4106 熊本県熊本市南区南高江1-18-39

  • 真宗大谷派 光顕寺
  • 真宗大谷派 光顕寺
  • 真宗大谷派 光顕寺

熊本市南区にある真宗大谷派のお寺「光顕寺」

熊本にある「真宗大谷派 光顕寺」は、阿弥陀如来立像を本尊とする真宗大谷派の寺院です。
光顕寺の歴史は平安時代まで遡り、石浦河内守藤原經國(つねくに)が久安6年(1150年)に河内から肥後に下向し、
髙家城(髙江城)を池ノ辻に築き、翌仁平元年に池畑に大栄寺を建立したことにはじまります。
その後白山に白を築き移り住み、髙家城跡に寺院を建立しました。
天正元年(1573年)に、僧浄頸によって真宗寺院が再建され、これが現在の光顕寺にあたります。

その後改築が行われ、現在では毎日午後6時に時の鐘を撞いて熊本の南区にお住まいの地域の方々に時刻を知らせています。
真宗大谷派は、当派の宗祖である親鸞聖人の門弟が現在の京都市円山公園付近にあたる吉水の北に移し、廟堂を建て、宗祖の影像を安置したことに起源します。
現在では一人ひとりが信心に目覚め、純粋なる信仰運動たる「同朋会運動」を軸として歩み続けております。
熊本にお越しの際は、ぜひ「真宗大谷派 光顕寺」へお立ち寄りください。

年間行事

光顕寺 本堂

熊本の「真宗大谷派 光顕寺」では、体験修行をはじめとする地域の行事を定期的に開催しております。

元日は「修正会」のためにお寺に足を運び、本尊の前で念仏を唱え、法話を聞き改めて聞法に励むことを皆で確かめ合います。
1月26〜28日は、浄土真宗の宗祖(開祖)とされる親鸞(1173年~1262年)の祥月命日の前後に、宗祖親鸞に対する報恩謝徳のために「宗祖親鸞聖人報恩講」を営みます。3月20日〜21日では「春季彼岸会(しゅんきひがんえ)」を行い、7月30日は「盆供養法要」を開催します。
9月23日、24日には「秋季彼岸会(しゅうきひがんえ)」が光顕寺にて勤められます。

熊本の「真宗大谷派 光顕寺」では、一年を通して様々な行事を開催しております。なお、行事に関してご不明点やご質問がございましたら、お気軽に「真宗大谷派 光顕寺」までお問い合わせください。

永代供養墓

熊本県熊本市の「真宗大谷派 光顕寺」では、様々な事情により墓地や納骨堂にお納めできないお骨を納め、光顕寺にて永代に供養する「永代供養墓」のお申し込みも受け付けております。

「身寄りがない」「子どもがおらず、お墓や納骨堂を見る人がいない」「お墓にお金をかけられない」と言った場合は、お気軽に「真宗大谷派 光顕寺」までお問い合わせください。永代供養墓は一体五万円から、個別供養は年間二万円から申し受けております。

供養に関しては、年に二回、春秋の彼岸会に合同で行い、個別の供養は祥月命日に読経、年回(一周忌、三回忌…)に法事式にてお勧めします。永代供養をお考えの方は、お一人で悩まずに熊本の「真宗大谷派 光顕寺」までお気軽にご連絡ください。生前のお申込みも随時承っております。また、お葬儀自体は他宗にて執り行われても結構です。

永代供養墓

ギャラリー

光顕寺 外観

光顕寺で行われた年間行事の際のお写真を紹介しています。ご参加された方もされていない方も是非ご覧ください。

光顕寺で行われた年間行事の際のお写真を紹介しています。
ご参加された方もされていない方も是非ご覧ください。

「真宗大谷派 光顕寺」の住所や電話番号などの情報を掲載しております。光顕寺にお越しの際は、掲載されている住所をご覧の上お越しください。当寺院は少々分かりにくい場所にございますので、事前に地図等で場所をご確認ください。車でお越しの際や当寺院への道が分からない場合は、お気軽に光顕寺までご連絡ください。
熊本の「真宗大谷派 光顕寺」は、阿弥陀如来立像を本尊とする真宗大谷派の寺院です。永代供養墓をはじめ、一年を通して様々な行事も開催しております。お葬式のことや永代供養のことでご不明な点がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

永代供養やお墓のことでお悩みの際は、お気軽に熊本の「真宗大谷派 光顕寺」ご相談ください。お墓参りができない方に代わって、またはお墓参りしてくれる方がいない場合も、当寺院が責任を持って永代に渡り供養と管理を行います。永代供養をご検討されている場合は、まずはお気軽に「真宗大谷派 光顕寺」までお問い合わせください。

また、お葬式などの際も当寺院へご連絡いただければ、詳しい内容に関してご案内いたします。永代供養に関しては、生前のお申込みも受け付けております。

交通のご案内

光顕寺

住所
〒861-4106
熊本県熊本市南区南高江1-18-39
電話番号
096-357-6396

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

〒861-4106 熊本県熊本市南区南高江1-18-39

熊本市南区のお寺
真宗大谷派 光顕寺は地域に根ざした行事も多いお寺です

熊本県熊本市にある「真宗大谷派 光顕寺」は、阿弥陀如来立像を本尊とする真宗大谷派の寺院です。
平安時代からの歴史あるお寺で、これまで門徒及び有縁者により改築が行われ、庫裏は昭和62年(1987年)、本堂は平成10年(1998年)にそれぞれ完成しました。創建当時の天台宗寺院の礎石が光顕寺の手水鉢の土台になっており、山門をくぐると左手に鐘楼があります。

現在では地域住民への奉仕として、毎日午後6時に時の鐘を撞いて地域の方々に時刻をお知らせしております。
真宗大谷派は同朋社会の顕現(存在意義)、宗本一体(組織理念)、同朋公議(運営理念)を運営の根幹とし、一人ひとりが信心に目覚め、
純粋なる信仰運動たる[同朋会運動]を軸として歩み続けております。光顕寺では永代供養墓も行っており、[お墓を継承する人がいない][身寄りがない][お墓にお金をかけられない]といった場合に、亡くなられた後にお骨を受け取り、永代供養墓にお納めいたします。

当寺院は熊本市南区にあり、少々分かりづらい場所にございますので、お越しになられる際は事前に地図等でご確認ください。
一年を通して「修正会」や「宗祖親鸞聖人報恩講」など様々な行事も行っておりますので、ご興味のある方は是非、参加又はご参詣ください。

TOP